手塩屋「だし」と「焼き」のお話
おいしさの決め手は「だし」
丁寧に味をしみこませる「焼きの技」
プラスαのおいしさで、味もパッケージも進化中
おいしさの決め手は「だし」

口に入れたとたん広がる、かつおや昆布の香りと旨み。この「だし」こそが、手塩屋のおいしさのカギです。日本人が好む、日本人の繊細な舌が満足する、だし本来の旨みにとことんこだわりました。

【丁寧に味をしみこませる「焼きの技」】へ進む
Copyright © KAMEDA SEIKA CO.,LTD. ALL RIGHT RESERVED.